長ーいゴールデンウィークは終わりましたが、
雨のせいか 道がすいてるせいか、
まだお休みが続いてるように感じるのは 私だけでしょうか

さて、今日は 紫外線・紫外線対策について
書いてみたいと思います

まず始めに、みなさんご存じの通り、
太陽は光合成を行い植物を育み、
私達に熱(暖かさ)、光(明るさ)をもたらし、
ビタミンDを活性化し、殺菌作用を有し、
太陽の恵みは私達にとって、とても大きい存在です
紫外線は光線治療として医療にも用いられています。

しかし、慢性的に紫外線を浴びると シミ・しわ の原因となり
紫外線は美容の大敵になりかねません
みなさん、ご存じですか?
太陽光線は、可視光線(目に見える光)、赤外線、紫外線に分けられ、
紫外線は地表に届く光の中で最も波長の短いものです。

紫外線は A紫外線(UV-A)、B紫外線(UV-B)、
C紫外線(UV-C)に分けられ、
紫外線の強さは、UVC>UVB>UVA の順となり、
地球に届く紫外線はUVBの一部と、UVAです。

UV-A
皮膚の真皮層に作用し、タンパク質を変性させる。
また、UV-Bによって生成されたメラニン色素を
酸化させて褐色に変化させます。
コラーゲンやエラスチン繊維を破壊し、
肌の老化を加速させる原因となります。

PAの高い日焼け止めの使用が効果的!
PAとは protection grade of UVAの略で、
UV-Aの防御指数とも言います。
(例)PA++で、UV-A 防止効果がかなりある。

UV-B
表皮層に作用
するが、色素細胞がメラニンを生成し
防御反応を取ります。浴びすぎると表皮のDNAや細胞膜を破壊し、
表皮に炎症や火傷を引き起こします。

UV-Aより強力で、短い時間でダメージを与え、
皮膚ガンの原因にもなりうる紫外線です。

SPFの高い日焼け止めの使用が効果的です。
SPFとは sun protection factorの略で、
紫外線防御指数とも言います。
(例)SPF10は日焼け止めを塗らない状態よりも10倍紫外線を防げる。

UVAは、波長が長いので真皮深くまで到達しますが、
UVBはほとんどが表皮までしか到達せず、
真皮まで到達するのは10%程度だそうです。

何だか難しい話?になってしまったかもですが、
簡単に言うと、今現在 地球に届く
UVBとUVAの紫外線を慢性的に浴びすぎると、
シミやしわ
ができてしまうのです

日本の季節では、4月~9月が紫外線が最も強く
紫外線対策が必要です。

紫外線対策

●日焼け止め サンスクリーンの使用
日常外出時では、SPFは15程度でPA+かPA++
海水浴・スキー・ゴルフなどの屋外スポーツで、
強い紫外線に長時間さらされる場合は、
SPF30程度でPA++かPA+++を使用。

●紫外線の強い朝10時~昼2時までの
長時間の戸外活動にはサンスクリーン製剤を使用する。
曇りの日でも、紫外線は予想以上に
肌に届いている
事を忘れないで!

●衣類、帽子、サンバイザー、サングラス、
傘などによる総合的防御を心掛ける。

●ビタミンDやC、カルシウムを摂る。

以上、みなさんの紫外線対策の参考になれば幸いです

エステ 昭和区 名古屋 TINAエステティックサロン